風になりたい・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS =マリー・アントワネット=

<<   作成日時 : 2008/01/21 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

マリー・アントワネット・・・
どんなに世界史が苦手な人(私です 笑)でも、
この人の名前は聞いたことがあるでしょう?

その、マリー・アントワネットのお話です。

14歳にしてオーストリアからフランスへ、
嫁いだアントワーヌ。
煌びやかな、フランス。ヴェルサイユ宮殿での暮らし。
しかし、世継ぎを生むことが出来ず、陰口を叩かれ・・・
世継ぎが出来ないのは、
結婚相手フランス王太子ルイとの関係が無い為・・・
実家のオーストリア王妃(母)や、大使からは「世継ぎを!!」と
せかされる日々・・・
その寂しさを埋めるかの様に、贅沢で煌びやかな生活を求める。
そして常に、沢山の視線に囲まれて・・・


と、まぁ、有名なお話ですね。
あまり書いちゃうとネタバレしちゃうし・・・

「パンが無ければ、ケーキを食べたらいいのに・・・」
この有名な言葉も、もちろん出てきますよ〜

この映画。
煌びやかな衣装。
アカデミー賞(衣装デザイン賞)をとっている様です。
たしかに、ドレスも靴も、とにかく凄い。
煌びやかで、華やかな世界。
さぞ、現実でもお金がかかっているでしょうね〜
凄いもん。


マリー・アントワネットに視点を置いているため、
フランス国民の貧困が描かれていません。
実際にこんな生活をしていたのでしょうかねぇ・・・
さぞ、疲れるだろうなぁって思ってしまいました。
あの、頭は疲れるだろう・・・昔の人は大変だ。
まぁ、女性としてあんなドレスを着てみたいという気持ちも、
無いわけではないですが・・・
やっぱり一人の時間が無いなんて耐えられないorz


ご興味のある方はご覧下さい。
マリー・アントワネット
   ・・・フランス王妃として生きた女性です。
ちなみに、途中で眠ってしまいました(A^-^;
その後で、寝たところを再度観なおしましたけどね。


そうそう、リンクも貼ってありますが、
公式HP。とっても可愛いですよ〜
ピンクとドレスと靴と・・・そしてバラ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私は遠藤周作の書いた「マリー・アントワネット」を読んで、ラストで泣きました。
あまりの悲劇に…。
映画は、そこまで悲劇には描かれてないんですか?なんでも、見どころは衣装なんですかね!
前から観てみようと思っていたので、今度借りてみようと思います☆
なめろう
2008/01/22 14:58
ホームページ、見なきゃ!
MAROママ
2008/01/22 15:29
昔、池田さんのマンガ本を夢中で読んで、今も持っていますが・・しばらく読んでいません。
この映画は、スクリーンで見たいな〜と思いつつ、DVDもまだみていません〜
見たら、インテリア熱が再燃しそうで・・恐いのかも。。。。。
でも、風さんのお奨めでもあるし、やっぱり見てみようかしら♪(*^^*)
八重姫
2008/01/22 16:35
なめろうさん>
んと、映画ではそこまで描かれていません。
なので、フランス革命の部分を期待されていると、あれ〜?ってなってしまいます(A^-^;
だから、やっぱり衣装かなぁ〜見どころは。
アカデミーも、「そこ」を評価しているってことですしね〜(^-^)
ふぅ
2008/01/22 20:27
MAROママさん>
HPはピンク仕立てで可愛い〜♪
ドレスに靴に・・・
あんな生活してたら、絶対に病気になっちゃう(笑)食べて、遊んで、恋をして・・・
ふぅ
2008/01/22 20:29
八重姫さん>
池田さんのマンガ・・・ベルサイユのバラでしょうか(^-^)?
>インテリア熱が再燃しそうで・・恐いのかも
あぁ、危険ですね(笑)凄いですもの。
八重姫さんのお宅も、とてもステキですものね〜絶対に、お好みだと思いますよ〜美しい調度品にドレス・・・
映画の内容的には物足りないものがあるかもしれませんが、衣装には満足いただけるかと思います(^-^*)ノ
ふぅ
2008/01/22 20:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

風のお薦めブログパーツ!!

=マリー・アントワネット= 風になりたい・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる