風になりたい・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ねぇ。先生。 

<<   作成日時 : 2008/03/09 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

今日、3月9日は
今通っている心療内科へ初めて行った日…
そして、先生から出してもらった診断書。
「反復性うつ病性障害」
あぁ、やっぱりね。
思った通り、うつ病だったんだって思った日。

一年は早い。
最初の頃は薬の副作用が酷くて寝たきり状態。
何度か失神した事もあったっけ・・・
途中で抗うつ薬から、抗精神薬剤へ変わった。
ねぇ、先生。
それに意味はあるの?無いの?

自分の中で時間は止まったまんま・・・
夏なのに、雪解けで止まる時間
秋なのに、雪解けで止まる時間
そして、冬になり今シーズン初めての雪を見て・・・
一気にフラッシュバックする去年の時間。
一気に記憶が蘇る・・・苦しかった。
今まで止まっていた時間が、昨日の事の様に蘇る記憶。
それでも、フラッシュバックにも慣れてきた。
そして、少しずつだけれど、時間も進み始めた。

それでも、先生は安定していないって。
でもね、先生。
あの頃の辛さを考えたら、今の状態は、何てことないのよ。
あの、モクモクと湧き上がる漠然とした不安感。
そして仕事に対する、人に対する恐怖感。
震える身体、弱って崩れ落ちてしまった私の心。
でもね、先生。
薬の効果は覿面で・・・
3つ目の薬が私の身体に合って。
今まで、不調だったものが、すぅ〜っと楽になったの。
そりゃぁ、何も無かった事にはできないけれど・・・
これくらいの身体症状で、仕事をしてきたの。
10年・・・
だからね。
ちゃんと、コントロールできるんだよ。
大丈夫なの。
でも、先生から見たらダメなんでしょ?
ならば、私が普通だと思っている状態は、
他の人の普通よりも大変だってことなのかなぁ?

私は、今の自分の調子でいいと思っているのよ。
もちろん、今までの仕事は出来ない・・・
これは、たぶん無理、戻れない。
でもね、お店で買い物をしたり、
店員さんとお話も出来るようになったの。
たまには、人が多すぎて自分で不安を抑えられなくなったり、
頭が真っ白になる事もあるけれど・・・
それでもね、去年のあの辛さを思えば、
大したことはないの。
私は、それで十分だと思っているから。

うつ病、辛い病気だけれど、
うつ病、苦しい病気だけれど、
薬を飲みながらだけれど、
たくさんの事を学んだよ。

苦しい・辛い・自責の念・自分の存在価値・・・

うつ病にならなかったら、気が付かなかったかもしれない感情。
今思えば、もともとウツ気質の私。
年に3回ほど「消えたい症候群」が出てきて、
それでも、自分で乗り越えてきた。
先生が仰ったように、もっと早く行こうと思った事もあった。
でもね、心療内科の敷居は高くて・・・
完全予約制の壁は高くて・・・
ネットで予約が取れないかとか調べたりもしたの。
でもね、TELでしかできなくて・・・
TELする勇気も無くて・・・

そんな時に、背中を押してくれたのは、
会社の上司3人・・・
勤務時間中に、病院へ行って来いって言ってくれた。
それが無ければ、今の自分はどうなっていたのだろう?
薬も無く、いつまでも続く負のスパイラル・・・
出口の見えない、暗い暗い上下も分からない様なトンネル。
差し伸べられる手にも気が付かない・・・

それでね、勇気を出して病院へ予約を取って、
不安な気持ちで丁度、今の時間帯に先生に診て貰った。
ねぇ、先生。
私って、そんなに安定して無いの?
カウンセリングも受けない方が良いほど、安定してないの?
でもね。先生。
心理・精神テストをした時に先生は仰ったよね。

「あなたの場合、このままでは別の仕事に就いても、
               また繰り返す事になるから・・・」って

たぶん、これ以上には安定しないと思う。
それは、生まれ持った気質・性質であり、
そして小さな頃から積み重ねてきた時間だから。
押さえ込もうと思えば、いくらでも押さえ込める。
でもね。先生。
押さえ込んでいたのでは、ダメなの?
自然に、安定した状態で無ければダメなの?
泣けないとダメなの?
心に一遍の曇りもないほどでないとダメなの?

うん。分かっている。
そんな事ではないって、分かってる。
でもね。先生。
本当に、これ以上に安定するとなると、
仕事を退職するしかないと思うの。
でも、それは最終手段だって先生が仰ったよね。
そして、私は分かっているの。
たぶん、退職しても同じだって事。
今度は、何にも属していないって事で悩むのが。

だからね。先生。
何ものにも属していなくても、
ちゃんと「私」という存在を認めてくれる何かが欲しいの。
でも、その「何か」が私には、分からないの。
小さい頃の経験から来ているもの・・・
私には「自尊心が無い」・・・
自分を認めて、受け入れる事が出来ないの。
これは、これからの課題。
私が、私として成長していく為に用意されている課題。
ちゃんと前を向いて受け止めていかなくちゃ。
そして、自分で「何かが何のか」を見付けなくちゃ。

ねぇ。先生。
安定するってどういうこと?
これ以上の安定って何だろう?
分からないよ・・・


ただ、分かるのは、こうしてブログを書くことで、
自分の存在を確認しているのかもしれないってこと。
だから、毎日更新するし、コメントに喜ぶ。
そして、皆が護ってくれているように感じるよ。
ねぇ。先生。
なんて、もろい心なんだろうね・・・私。
もっと、小さな頃は、天真爛漫で自由奔放だった。
仕事という枠組みのなかで失っていったもの。
どうしたら、小さな頃のようになれるのかなぁ。

どう思う?ねぇ。先生。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ←気が向いたら「ぽちっ」としてね(^-^)ノ
只今3位です。皆さん、いつもありがとう







1周年記念でポエムちっくで書いてみました(^-^;)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
無理しなくていんですよ(*^_^*)うちの弟もうつぎみと言われて病院紹介されたから、心配です。
maap
URL
2008/03/09 17:50
私も決して、安定していません。それをコントロールできるように少しづつなって来ました。
問題はコントロールなんじゃないかな?
コントロールするには、自分の精神エネルギーが必要。踏ん張るってそういう事なんじゃないかと思うんだ。
元気だった頃の自分。もう思い出せない。
苦悩を繰り返しながら、仕事をする事はもうできない。
あきらめるって事も学んだかな?
めだか
2008/03/09 18:11
ふぅさんへ
あれれここにも一年まえを振り返って
おられる方がお一人(苦笑)。
苦しさから少しは解放されたとはいえ
決して根っこの部分が治ってる訳では
ないのかもしれませんね。思考の仕方
がある時期から同じ方向性で考えてし
まって、それをコントロールしながら
生きてきたのに、それではダメなんで
しょうね。でも一番私にはそれが困難
に感じるですがね?
マー
2008/03/09 18:23
私も、安定してないよ。
具合が悪くなった、30年前今でも鮮明に思いだせます。
私は、属しているといえば、作業所になるんでしょうか?
何にも属していなくても、一人の人類としての自分はいるんだから、大事にしようね。
ノラ猫さんだって、どこいも属していないけど存在価値はあるでしょ。
明石
2008/03/09 18:25
風さん、山あり谷ありですね…。
僕は、仕事に復帰して、通院期間が延びたり、薬を減らすところまで回復したんですが…。いろいろあって今の状態です。風さんのおっしゃる通り、もともとの気質・性格も要因となっています。安定ってなんなんでしょうね…。一方でこの病から完全復帰してバリバリと働いている友だちがいます。職場の仲間もいます。この違いはなんなんだろうかと…。
風さんと同じでこの病になり、風さんに出逢いました。たくさんのことを学びました。そして、自分を見守ってくれるありがたさを知りました。ともに歩いている仲間の存在を感じました。風さん、風さんは僕にとってなくてはならない存在ですよ。ずっと、見守っていますから…。合言葉は、「ぼちぼち」だからね♪
たんげくん
2008/03/09 22:43
私は感情に波があります。今、主治医が変わったので先生にまだ私の事を理解してもらうのにてこずってます。
感情の波がありすぎて、病名はわからないなんて言われてます。前の先生に躁病に間違えられたこともあります。でも今は病名の事は考えないで1日1日を自分なりに大切にいきていこうと思ってますよ。風さんの今日のポエム風なんかしんみりきました。上手ですね。2位になれる様に応援しています!
チェリ−
2008/03/09 22:44
☆風さんのポエム、自分のことのようによく分ります。
なかなかこれだけあひる21には書けません。
あひる21
2008/03/10 05:51
maapさん、はじめまして。
かな?
風(ふぅ)と申します。
宜しくお願いしますね(^-^)

今回は、1周年記念として、いつもと違う感じで書いて見ました。
書いてあるほど、本人ダメージはないので(笑)
「うつ病」に、なる前にお医者さんに診てもらうことはとても大切なコトだと思いますから、
ご家族のご理解も必要な病気です。
弟さんの、ご回復を願っております・・・
ふぅ
2008/03/10 13:46
めだかさん>
そうですね〜
まぁ、書いてある内容を見ると重大に考えているのか?と、感じられるかもしれませんが。本人は、いつもと変わらずです〜(笑)
病気は、色々な事が学べますよね。
辛いだけじゃなくて、色々なことを・・・

詩のようにして書きだしたので、こんな感じになりましたが、いつものことですので〜
大丈夫です(^-^)
ふぅ
2008/03/10 13:50
マーさん>
マーさんとは時期がもろに、被ってますからね(^-^;)
そうですね。根っこは何も変わってないかなぁ。あぁ、病気としてはですけれどね。
「うつ病」を通して学んだ事はたくさんあるので、その部分は違いますが・・・(^-^)
自分を受け止めるとか、変えるって事ってエネルギーが要りますしね。自分の心なのに、自分では、分かっていないコトが沢山です。
まぁ、ぼちぼちといくしかないですね〜(^-^)ノシ
ふぅ
2008/03/10 13:54
明石さん>
そうですね〜
決して、自分を蔑ろにしているわけではないのですが、自分自身を受け止められないのが一番の問題点。
詩の様なカタチで書いたので、ちょっと深刻そうに見えるかもしれませんが、本人はいたっていつもと変わらずです〜
ご心配お掛けいたしました〜m(_ _)m
ふぅ
2008/03/10 13:57
たんげくん>
そうですね。人生は山あり谷あり・・・
それを、身を持って経験できた事。感謝ですね。
そう、安定・・・何?
先生にも聞きましたからねぇ。安定って何?
「自分の中で、まぁ、こんなものかなぁ」って考えられるくらいの状態だそうで・・・
それなら、私は安定してるよ(笑)昨日今日で抱えたものではないですからね(^-^*)

バリバリお仕事をされている方は、気質というより、「うつ病」になってしまった原因がたまたま重なったという事ではないでしょうか?
気質ではなくて…
誰だって、落ち込む事がありますものね。その落ち込みが酷いのが「うつ病」であって、私たちのような、物の考え方ではないのだと思います。だから、一時的に酷い落ち込みが現れて「うつ病」に…
私たちは、物の考え方が既に「ウツ気質」なんだと思います。だから、些細な事でも落ちやすい…
ふぅ
2008/03/10 16:19
>風さんは僕にとってなくてはならない存在ですよ・・・
ありがとうございます。そう言って頂けると、とてもうれしいです。
これからも、このブログは続けます。途中で方向性が変わる事もあるかもしれないけれど、「うつ病」「心の病」を抱える人の、憩いの場になれればと思っています。
なので、どうぞ、これからも宜しくお願いいたします(^-^)ノシ ぼちぼちと・・・ねっ
つづきです〜
2008/03/10 16:22
あひるさん>
>自分のことのようによく分ります。
あひるさんも、同じなのですね。
詩は、考えるのが好きですね。空想するのがすきなんですよ(笑)
なので、このポエム風にした記事は、実際自分が思っているよりも、重い記事になりました。
確かに、そう思っているから書くのですが…
本人は、そこまで深刻に考えてないので(^-^)
もちろん、この記事の様な不安は感じていますけれどね。
ふぅ
2008/03/10 16:25
ふぅさん お久です。
一年過ぎて、改めて思う事って有りますよね。
一年が一番辛いかも・・・私は五年目になりました。んで、五年目になると、過去の記憶がドンドン入り混じって訳が解らなくなりますよ!
ふぅさんのブログに出会って私もブログ始めました。初めの頃はふぅさんに迷惑掛けてしまって申し訳なかったです<m(__)m>今後とも、よろしくです♪
ミヒマー
2008/03/10 17:34
風さん、はじめまして。
最近ブログを始めたばかりです。

風さんの深刻なことが書いてあるのに、なぜか
やわらかい文章が素敵☆です。
瞳(ひとみ)
URL
2008/03/10 22:42
ミヒマーさん>
お久しぶりです。調子は如何ですか?
そうですね。色々思うところはあります。
抱えてきている年月も長いですし…
まぁ、病院へ通うようになってから1年、一応区切りですよね〜
この1年は、非常に学ぶ事が多1年でしたね。

そんなこと無いですよ〜
始めは、皆分からない事だらけですもの(^-^)
特に、ブログとかは、不特定多数の方が目にするものですからね〜(^-^)
こちらこそ、宜しくお願いいたします(^-^)
ふぅ
2008/03/11 17:54
ひとみさん、はじめまして。
風(ふぅ)と、申します。ようこそ(^-^)
最近、ブログを始められたのですね〜
今は、毎日何を書こうかと、ワクワクされているのではないでしょうか(^-^*)

ありがとうござます。
深刻そうですが、案外本人はケロッとしていたりします。
ほぼ、毎日更新していますので、また、遊びに来てくださいね。
瞳さんのブログライフがステキなものになりまうように・・・
ふぅ
2008/03/11 17:58
せつせつと書かれていますね・・
「ねぇ。先生。」「でもね。先生」
そんなふうに、風さんが・・言いたい気持ち、話したい気持ち、わかりますよ。(^^)
患者と医師の間には、立場上・・垣根みたいな・・心の距離みたいなものを感じます。
仮面をかぶってる様な、本音や本心が見えないというか・・何を思ってるのかしら?とか。
治療して、1年経つと・・色々考えますよね〜。私も、持病を発病して10年、ずっと同じ先生に診て頂いていますが、長い時間はかかっても、上向きであれば・・まぁ・・良いでしょう♪という感じでしょうか。
でも、主治医の先生と・・立場を忘れて、本音トーク、ぶっちゃけトークしてみたいですね〜
(^о^)
八重姫
2008/03/11 18:26
こういう風に、話せたらもっと楽になるのでしょうけれど、お互いに距離感があるのかなぁって感じています。心理士の先生には、話せるのですが。
精神科の先生とは、やはり垣根を感じますね。
先生が、こちらを余り見ないという点も、一つの原因だと思うのですよね。
心理士の先生は、向かい合ってカウンセリング。しかし、精神科の先生は、横に座って電子カルテに打ち込みですからね。どうしても、視線が合いません。
先生はPC見てますから(笑)
私の場合は、はっきりと言って欲しいという願望がありまして、「○○が良くないので、□□で××にして見ましょう。」って言って欲しいのですよ。理由が知りたいの。でも、それがないのでしっくりといかない…
こればかりは、相性の問題もあるでしょうし、後は私が、突っ込んでいくか…なんでしょうね。(A^-^;
ふぅ
2008/03/11 20:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

風のお薦めブログパーツ!!

ねぇ。先生。  風になりたい・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる