006 手を伸ばして





画像







この手を伸ばしてもよいのだろうか?
闇に染まった私の掌
気が付かぬ筈はない
しかし彼女は私に微笑む
何事をも恐れぬ強く優しい瞳で…
差し出された手を掴んでよいのだろうか?
彼女は躊躇う私にそっと手を伸ばす
「私が恐れることはあなたを失うことだけ…あなたは?」
ああ、そうだ…そうだったのだ
心の中で手を伸ばしていたのは私であった
誰よりも何よりも彼女へ向かい…





お題はWORTさんのサイトより創作100題
http://www3.plala.or.jp/gennsouyakyoku/wort/





詩 ブログセンター