014記憶の狭間に





画像





何かが刺さっている
心に刻み込まれている
はっきりとした輪郭が見えない霧の中に
大切な人達がいた気がする…
暖かで明るい光に満ちた何かが其処にあったのだろう
いつの日からか私は孤独であり
ただ心の赴くままに旅を続ける
記憶の狭間にある大切であったであろう光を捜して…






お題はWORTさんのサイトより創作100題
http://www3.plala.or.jp/gennsouyakyoku/wort/




ブログランキング 詩

この記事へのトラックバック