風になりたい・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだよね。お巡りさん。

<<   作成日時 : 2007/05/19 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

最近、凄惨な事件が続いている。

良くないニュースが多い・・・

働いている時と違って、TVがついている時間が長いから、

余計に目に付くのだろうか?

良くないニュースには、敏感に反応するのでイヤだ。

事故のニュースも・・・

被害者は言うまでもなく可哀想だけれど、

加害者も切ないと思う。

もし、自分がその立場であったなら・・・

と、考えると何ともいえない気持ちになる。

勿論、加害者が悪いのは当たり前。

だけど、もし自分がその立場であったなら耐えられるだろうか?

自信がない。崩壊してしまうかも・・・



中でも自業自得の加害者もいるが、

そういう人の心の中はどうなっているんだろう?

と、思うことがある。

自分のした事を責めないのだろうか?

それに気付くのに時間がかかるのだろうか?

それとも気付けないのだろうか?

残された家族の事を考えないのだろうか?

相手の家族も、自分の家族も。

悲しまない人はいないのに・・・



事故ならまだしも、自ら起こす事件については・・・

何がその背景にあったのか?

何がそうさせるのか?

あまりに簡単に命を奪いすぎる。

人は自滅に向かうのか?

昔から繰り返される戦い。

宗教の名の下に、何故に命を奪うのか?

全ては同じであるのに?

解釈が違うだけではないの?



「世界に名の知れた独裁者やテロリストの

命を奪いました。」

良かったとTVで放送されているのを見て、

例え、どんなに悪い人であっても、

人の死を喜ぶ放送を流していいのだろうか?

「お前は他人事だから・・・」

と、言われればそうかもしれない。

でも、それを見た子供達はどう思うのだろう?

「命を奪われて当然の人間もいるんだ。」

と、思う子も出てきてしまうのではないだろうか?



ゲームの影響だ。という人もいるけれど、

それだけでは無い気がする。違う気が…

最近、世の中が殺伐としている。

相手に対する優しさがかけている。

優しさを表すには勇気がいる。

皆が自分の事だけになっている。

自分だけ良ければイイと・・・



でも、そんな人達ばかりではない。

良い人達の方が多いのだと思いたい。

違うよ。良い人達の方が多い。

ただ、あまりニュースにはならない。

自殺しようとした女性を身を挺して助けたお巡りさん。

女性は今どのような気持ちでいるのだろうか?

彼女も一生苦しみを背負わなければいけないだろう。

想像を絶する苦しみ。

それでも、全ての物が幸せであって欲しい。

安らぎのある暖かな光溢れる世界で。

そうだよね。お巡りさん。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
うわ〜っ。
ダメだ。
今日、調子が悪いから思考が暴走しちゃってるよ。
見に来てくれた皆さんゴメンなさい。
暗い気持ちにさせてしまって。
うわ〜っ。
ホントにゴメンなさい。
でも削除はしない。
これも、今日の私の気持ちだから・・・

2007/05/19 17:49
風さん、私もこの記事は削除しなくて良いと思います。
今風さんが考えていらっしゃる事がよく伝わってきますからね。
最近のニュースは確かに暗い内容のものが多いですね。
世の中がおかしくなってしまっているのでしょうか。
聞いた話では自殺者の7割が何らかの精神疾患を患っているとの事。
彼らは自ら死を選んでいるように見えて、実は外的要因によって殺されているのです。
そう言えばアメリカで銃の乱射をして自殺した青年が「自分の行動は結果であり、原因は周りの人間達にある」と言っていました。
本当に難しい世の中になりました。
願わくば一人でも多くの人が自分に何かの異常を感じたら速やかに専門医の診察を受けて、自分も他人も犠牲にしないで済むように手を打ってほしいものです。
kou_1
2007/05/19 18:58
風さんの素直な気持ちですね。ありのままを伝えてくれて、ありがとうございます。ブログを通じて考えるきっかけにもなりますよ。
生命ってなんだろう…生きるってなんだろう…いつも問いかけをしています。先日、身近なお子さんが亡くなりました。先天的な疾患が進行して逝ってしまったのです。余命○年と宣告されたあと、2年余り長く生き抜かれました。安らかな顔していましたよ。僕は、「がんばったね…あっちからも楽しいことや嬉しいこと見つけてね。」と見送ることができました。一方では、ニュースで流れてくる幼き子どもたちの死…。運命と言ってしまえばそれまでなんですが、いったいどう決めるのでしょうか…。神様・仏様にも問いかけたいものです…。また世の中には、差別や偏見によって苦しむ人たちもいます。人を傷つけることで優越感を持ったり、自己保身をしたり…。悲しいです。
一人でも多くの人が万物によって生かされていることに気づき、優しさを持って欲しい。幸せであるようにと他が為に(万物に)祈りを運んで欲しいと願います。
たんげくん
2007/05/19 21:51
風さんが、切々と語った気持ちは
今を生きる多くの人々と同じです。
大きなマイナスのパワーを持った事件は、
連鎖や余波を伴うこともありますが
問題の根っこの部分は、月並みだけど・・
‘優しさや愛’なんだと思います。
みんなが違いを認め合う・許しあう
思いあう・いたわり合うなど、
自己愛から家族愛〜友人〜地域〜国家〜
世界〜宇宙と、生きとし生けるもの
全てに同じ愛を注げるように・・・
一人一人が愛を繋げていってほしいですー☆

八重姫
2007/05/19 22:17
おはよう風さん
今日はいい日になるよ!

いろんな特徴のある人が居るからこそ
世の中面白いと
みなが思えるようになるといいのに・・・
がきさん
2007/05/20 08:50
kou_1さん>
良い方や、良いニュースも本当は沢山存在すると思います(^-^)お年寄りを助けて表彰された中学生3人という話も聞きました。

>願わくば一人でも多くの人が自分に何かの異常を感じたら速やかに専門医の診察を受けて、自分も他人も犠牲にしないで済むように手を打ってほしいものです。

本当にそう思います。自らの心を見つめるのが怖くて異変を感じていても「自分は大丈夫」と思ってそのままになっている人も多いでしょう。
私の場合は「うつ」を長年自覚していました。が、そう話しても「自分で言っているうちは大丈夫だよ〜」と何回も言われました(笑)また、心療内科や精神科を受診することには勇気が必要なことも事実(1度行ってしまえば平気ですが)私も、上司命令が無ければ行かずに、繰り返す波の中、どんどん症状が悪化したでしょう。
周りの人も悩んでいる方に「相談に行くつもりで行ってみたら?」と進めるのも一つの方法かもしれませんね〜


2007/05/20 15:20
つい、考えてしまうんですよ。
そんな事まで考えているから、頭が休まらないんだよ。と言われますが(笑

>先日、身近なお子さんが亡くなりました。

一生懸命に病気と闘って、しかも2年も長く頑張って生きられたのですね。
もう、苦しくない所でゆっくりと眠れることでしょう。
「うつ病で消えてしまいたい」と考える私が言うのもなんですが、自殺はダメ。生きたくても生きることが出来ない人もいるのに、逆に自ら死を選ぶ人もいる。あるいは、自分の快楽の為に命を奪うなんてもっての他です。
己の子供の命を奪うこと…何を思っているのでしょうか?結局は子供が子供を生んでいるからなんでしょうね。
自分でも思います。30歳ってもっと大人だと思っていたけど、なってみても実際は全然成長してないなって(30もとうに過ぎていますが笑)
やはり優しさが必要ですね。
みんな寂しいのかも…
ありとあらゆるものが幸せであります様に・・・(^-^)

2007/05/20 15:33
八重姫さん>
>‘優しさや愛’なんだと思います。
みんなが違いを認め合う・許しあう
思いあう・いたわり合うなど、
自己愛から家族愛〜友人〜地域〜国家〜
世界〜宇宙と、生きとし生けるもの
全てに同じ愛を注げるように・・・

そうですね。自分の身近だけでなく、より多くの「愛と優しさを広く沢山注げるようになりたい」そう、思います。

以前より強く思えるようになったのは「うつ病のお陰かな?」辛いですけどね(笑

2007/05/20 15:40
がきさん>
そうですね。
今の子供達って、運動会でも事前にタイムを計って、大体同じタイムの子で組んで、用意ドン。らしいですね。差がつかないように。
頭のイイ子もいれば、足の速い子もいる、絵の上手な子も・・・個性を尊重して、「良い所を伸ばせる」世の中になるとイイですよね〜

2007/05/20 15:43
たんげくんさんへの、コメント。
お名前が抜けてしまいました。
ごめんなさいm(__)m
そそっかしい私(A^-^;

2007/05/20 15:45

コメントする help

ニックネーム
本 文

風のお薦めブログパーツ!!

そうだよね。お巡りさん。 風になりたい・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる