風になりたい・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり「うつ病」なんだなぁ

<<   作成日時 : 2007/06/04 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

えーっと、今ほど観察記録にも書きましたが、
今日私が一日中寝ていた理由?原因?
なんですが・・・

ちょっと話を遡りますと・・・

私は8年程、鬱の波といいますか、感情の波があり、
その波を自力で乗り越えてきたのであります。
感情の波といっても躁状態にはならず、
まぁ、普通という言い方も変ですが、程ほどに過ごしておりました。

波、「仕事イヤイヤ病」がやってくると、
もう、何もしたくありません。食欲も落ちます。何も楽しくないです。
泣きたくなります。もう寝るしかできません。消えてしまいたくなります。
現実から離れたい、逃げ出したい気持ちでいっぱいになります。
仕事中に「うわぁぁぁぁぁっ」と叫びながら何処かへ行きたくなります。
でも、実際にはしませんけどね(笑)

それなのに、笑顔でお仕事です・・・
仕事だって休めるものなら、休みたいです。
しかし、お休みは出来ません。
救急車で運ばれるか、ドクターストップがかからない限り休めません。
そもそも、休むこと自体の選択肢が自分の中にありません。
お仕事はお仕事だからです。
余程の事でもない限り、突然お休みするなんて考えられません。
余程の事とは上記のことや、忌引きなどです。

そんな状態の中、8年間感情をコントロールしながら、
どんな仕事だって大変なのは同じコト。
と自分に言い聞かせて、「仕事イヤイヤ病」を乗り越えてきました。

しかし年々、責任&仕事&後輩の指導&リーダーシップの発揮&昇進…など等が重くのしかかって来ました。
まだ、グチる時間があれば何とかなるのですが、
ここ1年はその時間もないし、上からのプレッシャーとノルマの数字、残業(休日出勤は出来ない会社なので)であきらかに、「イヤイヤ度」はピークに達していました。

3〜4年ほど前から、心療内科へ行ったほうがイイのではないかと、
自分でも思っていましたが、予約制や心療内科の敷居が高くて今までどおり、感情のコントロール(今思えば、自分を抑えて他人に合わせるというカウンセリングの結果と同じ)、良いのか悪いのか責任感の強さと、根性で、ざっぷん大波をやり過ごしていました。

しかし、回を重ねるごとに(回数なんて覚えてません、なぜなら年に1回とかではなくて、数ヶ月に1回は波が襲ってくるから・・・)「イヤイヤ度」は、大きく暗く膨れ上がってきました。

今思えば当たり前ですよね。
治療をしていないんですから、ただひたすら波が去っていくのを待っていただけ。
それが積み重なって今回の休職&通院に至るわけですが。

今回はもう、自分ではどうにもならない暗闇にうずくまる状態になってしまいました。
今までの波の比ではない。でも1番のピーク時は通院してなかったんですが(笑
それでも1番に考えた事は「このままでは、何時かミスをしてしまう。その前に」
ミスを起こすことは出来ません。絶対にイヤなの。
ここも責任感と完璧主義。うつ病に多い性格ですね〜

恵まれたことに上司は大変理解があり、職務命令ともいえる状態で(笑)
心療内科の扉を叩いたのです。
2箇所行ったのですが、まぁ最初の先生の話は置いておいて(笑)
2箇所目に行った心療内科の先生の最初の診断では「とりあえず1ヶ月休みましょう」
診断書が切れる時点で「あなたが今休みたいと思うだけ診断書を書きますよ」
とのことで「3ヶ月追加」して頂きました。
なので合計で4ヶ月ですね〜

そして休み始めてから2ヵ月半の時点で「4ヶ月の休養ではムリ」と言われました。
「早くてもあと半年から1年…くらいすれば、復帰について考えられる様になると思うよ」とのこと。
あくまでも考えられるような精神状態になると思う。ということですよね〜
復帰できるではなくて(笑)、この微妙なニュアンス・・・
まぁ。いいですけれど・・・

腹をくくりました。
今まで人一倍仕事をしてきたという、自負はあります。
自分に自信はありませんが、これだけは自信を持って言える。
とにかく頑張ってきたと自分で思います。
もう、こうなったら徹底的に休んでうつ病と対峙しようと・・・
反復性うつ病性障害ですから、根本的にカウンセリングとお薬で治していくことになりました。

自力で波を乗り越えてきたので、お薬を飲んでいれば多少の波(不安感など)はコントロールできます。まぁ1回、抗不安薬を飲んでしまうと、楽なので頼ってしまいますが。
それでも、嫌な事はあります。治療中ですからね。
それが昨日ありました。

休暇の関係で上司が両親に説明の為に近々自宅へ来るというのです。
その前には、お見舞いは私の負担になるので行かないようにします。
と、メールがあったばかりなのに・・・
それでは、同じこと・・・
自宅に来れば、知らん顔なんて出来ません。
顔を出さなければいけない
それがイヤだったので、こちらから父が伺いますとメールしたのに・・・

もう考えただけで、どっとストレスが
突如体調が変わります。
ソワソワ・不安・怖い・落ち着かない・胸の辺りがモヤモヤしてくる・イヤだ・身体が小刻みに震える・イヤだ・耳鳴りがする・イヤだ・吐きそうだ・イヤだ・・・

でも、仕方ない。何とかやり過ごさなければ・・・
最近はある程度落ち着いていて、感情もコントロールできていたので、
甘えなんじゃないかって思うことがありました。
でもやっぱり、こんなんじゃ仕事に復帰なんて全然ムリ。

先生がカウンセリングも必要、時間も必要と言った意味がわかった気がした。

8年間抱えていた闇は根が深いね・・・
ましてや自分で抑えていたからねぇ(ため息


だから、変だなって思った時に勇気をだして心療内科や精神科を受診して欲しいなぁと思います。うつ病だって心の病だって、早期発見・早期治療が大切。

独りで抱え込まないで。苦しければ吐き出して・・・
勇気をだして1度扉を叩けば、絶対に楽になるからね。




あぁ、また長くなってしまった。
最後まで読んで下さった方ありがとうございました

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私も偶然にも「仕事イヤイヤ病」って呼んでました。前の会社に、先輩や後輩や同僚に、心療内科に通っていた人がいて、多少自分で本を読んだりしてましたので、私は早めの治療をしました。私は、心の病気は、ある意味同じだと思います。「ほっといても治らない。悪化するだけだ」と。頑張った自分を一杯褒めて、下さい。
「うつな人ほど強くなれる」という本を読みました。うつな人を褒め称えています。(←褒めすぎだよって突っ込みたくなるほど)良かったら読んでみて下さい。
みのるる
2007/06/04 22:07
こんばんは。風さん。
心身ともにお疲れ様でした。
僕も長年自力で踏ん張ってきたいたのかもしれません。それはもう10年以上前のこと。毎日眠れない、やる気なし…仕事したくなくて、お客さんのところで吐き気…「こんな自分はだめだ。」と責める。でも、仕事なんだからきっちりしないと考える。今考えると波だったのかな…。その後も胸の中で重くのしかかるものが何回か訪れる。でも「自分がやらなければ…」と踏ん張る。
そういえば、転職前のことだけど、波が来てた時に、上司から「仕事辞めてもいいよ。これから先の人生、その方が、いいかも。」って言われたこともあったっけ。転職後も大波小波…。でも、こらえきれない波がやってきた。自分でもおかしいって思えるほどの波…仕事したくない・頭まわらない・決められない…仕事中にクライアントさんを抱きしめて泣いてしまう…痩せていく…でもお酒の量は増える。「これはもしかして…。」っとメンタルチェック→"すぐに専門医に"→勇気を出して一歩踏み出す→治療開始→現在に至っています。多かれ少なかれ同じような経験をされているんですね。はじめの一歩が今の自分を作っています。
たんげくん
2007/06/04 23:55
風さん、随分長い間一人で頑張って来られたんですね。
自分を抑えようとしてしまう真面目な性格が裏目に出てしまったのかも知れませんね。
上司の方は何を話しに来られるのでしょう?
単に様子を見に来るだけなら良いのですが、退職勧告なんて事になったら大変ですね。
風さんはもしも上司の方と顔を合わせにくかったら体調が悪いと言って部屋で寝ていても良いんじゃないですか?
体調が万全ではない事は上司の方も分かってくれているでしょうし。
どちらにしてもあまり難しく考えずに気楽に対処しましょう。
余談ですがみのるるさんが読まれた「うつな人ほど強くなれる」という本は私も読みました。
うつ病になりやすい性格の人ほど実は成功する要素を持った人だそうです。
よろしかったらお貸ししますよ(^^)
kou_1
2007/06/05 10:40
みのるるさん>
おぉ、ココにも「仕事イヤイヤ病」と命名された方が!!
行った方がいいんだろうなぁとは、思ってはいましたが、なかなか敷居は高くて…
いやぁ〜。我ながら、良くやったと思います(笑)今になってみれば、どうやってあの状態で仕事していたんだろう?根性以外の何ものでもないですね〜
「うつな人ほど強くなれる」ですね。読んで見ます〜

2007/06/05 15:54
たんげくんさん>
たんげさん、同じです。「仕事だから」と思って踏ん張ってきた結果がこれです(笑)
私は何回もネットでチェックして「すぐ病院へ」がでても、行動に移せなかったのです。
だから、逆に職務命令みたいな形になって結果的には良かったのかなぁと思っています。
やっぱり、うつ病の人は、「頑張り屋さん」が多いですね〜

2007/06/05 15:59
kou_1さん>
そうですねぇ。頑張ってきました。でもね、他のみんなも同じだろうって思ってたんですよ(笑)だから私も頑張らなきゃってね〜
そしたら、皆はそこまで酷くなかったってコトですね(笑)それに、自分では仕事面では、言うことは言ってきたつもりだったんですけど、そうではなかったんですね〜
そうそう、父が出向くコトになりました。だから気にしなくていいので良かった。
う〜ん。実はうちの会社は結構休職者がいるみたいなんですよ(あちこちの支店で)だから、退職勧告は無いと思うんですね。たぶん、給与面か、長期休暇で部署が変わるか(形だけ)の説明かなって思ってます。
kou_1さんも「うつな人ほど強くなれる」を読まれたのですか、読もっと。今手元に鈍感力と、擬態うつ病と、女性がストレスをためない、と読む本が3冊もある。でも進まない(笑)順番にゆっくり読んでいきます〜

2007/06/05 16:13
はじめまして。frostyと申します。
私は2年前に仕事イヤイヤ病になりました。初めは私の怠け心や甘えだと思ってふんばっていましたが、不眠と過眠、拒食と過食の繰り返しや、大きな不安感、原因不明の涙などがありました。自分で言うのもなんですが、私も同じく責任感が強く、「こうでなければならない」と考えてしまうほうなので、限界近くまで我慢をしてしまいました。でもそんな状態を心配した実家の母が、心療内科の受診を勧めてくれて、快方に向かいました。
今また、2年前と同じ状態になりつつありますが、今回は「予防」のつもりで、また病院に行っています。体だけでなく、心も予防が大事だなと感じています。
frosty
2007/06/06 21:55
frostyさん>
同じですね。やっぱり「うつ病」になる人は頑張り屋さんが多いみたいですね。私も、怠け心や、ただ仕事がイヤなだけだと思っていましたから。うんうん。責任感と〜しなければ。こうでなくては。が強いんですよね。同じ。
でも、お母様が受診を勧めてくれてよかったですね。第1歩って勇気がいりますもの。誰かがポンって背中を押してくれるきっかけが、あるのとないのでは全然違います。
私も、病院へ行くことが今は安心になっています。待ち遠しいくらい(笑)毎週にしてもらっても構いませんって程ですよ〜
○○日の×時からで構いませんか?って先生に聞かれますが、他にすること無いんで何時でもいつでもokです。もっと早くてもいいよ〜位に思ってます(笑)
心も身体も、普段から労わる事が大切ですね〜
よかったら、また遊びに来て下さいね

2007/06/07 05:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

風のお薦めブログパーツ!!

やっぱり「うつ病」なんだなぁ 風になりたい・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる